カストナー・マークアウレル

博士(情報学)

履歴書

アップデート: 2024-04-11

個人

氏名 マーク・アウレル・カストナー
生年月日 1990年2月6日
国籍 ドイツ (日本永住資格持ち)

連絡先

Portrait

職歴

役職 研究室 年月

助教

広島市立大学 インタフェースデザイン講座 サウンドデザイン&ビジョンインタフェース研究G

2024-04 ~

協力研究員

名古屋大学大学院 情報学研究科 コンテンツ科学研究室

2024-05 ~

助教

京都大学大学院 情報学研究科知能情報専攻 コンピュータビジョン研究室

2022-04 ~ 2024-03

特任研究員

国立情報学研究所 コンテンツ科学系 佐藤真一研究室

2020-04 ~ 2022-03

協力研究員

名古屋大学大学院 情報学研究科 コンテンツ科学研究室

2020-04 ~ 2022-03

学歴

学位・種類 場所 年月

学位位置年月情報学研究科 知能システム学専攻 博士後期課程

名古屋大学大学院 村瀬研究室

2017-04 ~ 2020-03

インターン学生

国立情報学研究所 佐藤真一研究室

2019-06 ~ 2019-07

情報科学研究科 メディア科学専攻 留学生研究生

名古屋大学大学院

2016-04 ~ 2017-03

コンピューターサイエンス 修士課程

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)

2013-04 ~ 2016-02

名古屋大学交換留学受入れプログラム

名古屋大学

2013-09 ~ 2014-08

コンピューターサイエンス 卒業

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)

2010-10 ~ 2013-04

教歴

コース 課程 学期
プログラミングⅠ演習 広島市立大学 情報科学研究科 2024年春
情報科学英語 広島市立大学 情報科学研究科 2024年春
システム工学実験Ⅲ 広島市立大学 情報科学研究科 2024年春
パターン認識特論(共同) 京都大学 大学院情報学研究科 2023年春
コンピュータビジョン分野別演習 京都大学 大学院情報学研究科 2023年春
コンピュータビジョン 京都大学 大学院情報学研究科 2022年春-2023年春
電気電子工学実験(担当:マイクコンピュータ) 京都大学 工学部 2022年春-2023年春
Data-Tools First (PythonとUnity) 博士課程教育リーディングプログラム 実世界データ循環学 2019年春
Data-Tools First (PythonとUnity) 博士課程教育リーディングプログラム 実世界データ循環学 2018年春

委員会

役割 場所
Area chair ACM MM 2021-2024
査読者(学術雑誌) ACL-RR, ACM TIST, ACM TOMM, Elsevier CVIU, IEEE Access, IEEE TCSVT, IEEE TMM, IEEJ TEEE, IEICE Trans. Fund., Pattern Recognition Letters, SN Computer Science, Springer IJCV, Springer MMSJ
実行委員 ACCV 2020 (Publication Chair), ACM ICMR 2022 (Web/Social Media Chair), MIRU 2022 (Young Researcher Program Co-Organizer), MIRU 2024 (Diversity Chair), MMM 2025 (Publication Chair), MUWS 2022 @The Web Conf (Workshop Co-Organizer), MUWS 2023 @ACM CIKM (Workshop Co-Organizer), NarSUM@ACM MM 2023 (Web & Social Media Chair), SSII 2024 (Web/Publicity Chair)
査読者(国際会議) MVA 2023, ACM ICMI 2021-2024, ACM ICMR 2021-2024, ACM MM 2020-2021, ACM MM 2021 (Reproducibility Track), ACM MMAsia 2021-2023, CVPR 2022-2024, ECCV 2022-2024, ICCV 2021-2023, IEEE AVSS 2023, IEEE ICASSP 2023-2024, IEEE ICME 2022-2024, IEEE ISCAS 2022, IEEE MIPR 2021-2024, IEEE VCIP 2021-2023, IEEE WACV 2024, IJCAI 2021-2024, IW-FCV 2024, MIRU 2022-2024, SoICT 2022-2023

学会・協会

学会 ステータス

ACM: Association for Computing Machinery

  • ACM SIGMM: ACM Special Interest Group on Multimedia
正会員

IEEE: Institute of Electrical and Electronics Engineers

  • IEEE CS: IEEE Computer Society
正会員

IPSJ: 情報処理学会

正会員

IEICE: 電子情報通信学会

  • PRMU専門委員: パターン認識・メディア理解研究専門委員
正会員

UEA: 世界エスペラント協会

正会員

JEI: 日本エスペラント協会

正会員

TEJO: 全世界エスペランティスト青年機構

正会員

資金・奨学金

カテゴリ 詳細
科研費

(2024年度〜2026年度 研究分担者) 基盤研究(B) 23K24868 「言語情報がもつ視覚的性質の分析とそのマルチメディア統合処理への応用」

科研費

(2024年度〜2028年度 研究分担者) 基盤研究(A) 24H00733 「能動的Open-world認識による知識拡張・環境認識基盤の構築」

科研費

(2023年度〜2024年度 研究代表者) 若手研究 23K16945 "Toward describing fine-grained details in computer vision through visual discrimination learning"

奨学金

国費外国人留学生奨学金(文部科学省)2016年4月〜2020年3月

賞など

カテゴリ 詳細
論文賞 MVE2020.03, MIRU2023
優秀査読者賞 CVPR 2022, ICMR 2022

職歴(学生・TA/RA)

役職 場所 テーマ 年月
研究アシスタント

名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム 実世界データ循環学

ウェブサイトの英文校正・英文校閲・翻訳に関する業務刊行物(ニュースレター等)の英文校正・英文校閲・翻訳に関する業務 2017-04 ~ 2020-03
研究アシスタント

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)Prof. Rüdiger Kapitza, Arthur Martens

研究テーマ: Software system development for non-volatile RAM 2014-10 ~ 2016-02
研究アシスタント

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)Prof. Marcus Magnor, Dr. Pablo Bauszat

研究テーマ: Interactive Ray Tracing 2012-07 ~ 2013-08
研究アシスタント

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)Prof. Marcus Magnor, Dr. Kai Berger

研究テーマ: Real time gas flow detection with Kinect cameras 2012-04 ~ 2012-07

言語能力

言語 備考 レベル
ドイツ語 母国語 -
英語 ネイティブレベル CEFR C2
日本語 ビジネスレベル CEFR C1 / JLPT N1
エスペラント語 中級 CEFR B2
フランス語 初級 CEFR A1-A2
© 2013-2023 Marc A. Kastner. Powered by KirbyCMS. Some rights reserved. Privacy policy.