カストナー・マーク

博士(情報学)

履歴書

アップデート: 2022-08-26

個人

氏名 マーク・アウレル・カストナー
生年月日 1990年2月6日
国籍 ドイツ

連絡先

Portrait

職歴

役職 研究室 年月

助教

京都大学大学院 情報学研究科知能情報専攻 コンピュータビジョン研究室

2022-04 ~

特任研究員

国立情報学研究所 コンテンツ科学系 佐藤真一研究室

2020-04 ~ 2022-03

協力研究員

名古屋大学大学院 情報学研究科 コンテンツ科学研究室

2020-04 ~ 2022-03

学歴

学位・種類 場所 年月

学位位置年月情報学研究科 知能システム学専攻 博士後期課程

名古屋大学大学院 村瀬研究室

2017-04 ~ 2020-03

インターン学生

国立情報学研究所 佐藤真一研究室

2019-06 ~ 2019-07

情報科学研究科 メディア科学専攻 留学生研究生

名古屋大学大学院

2016-04 ~ 2017-03

コンピューターサイエンス 修士課程

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)

2013-04 ~ 2016-02

名古屋大学交換留学受入れプログラム

名古屋大学

2013-09 ~ 2014-08

コンピューターサイエンス 卒業

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)

2010-10 ~ 2013-04

教歴

コース 課程 学期
コンピュータビジョン 京都大学 大学院情報学研究科 2022年春
電気電子工学実験(担当:マイクコンピュータ) 京都大学 工学部 2022年春
Data-Tools First (PythonとUnity) 博士課程教育リーディングプログラム 実世界データ循環学 2019年春
Data-Tools First (PythonとUnity) 博士課程教育リーディングプログラム 実世界データ循環学 2018年春

委員会

役割 場所
Area chair ACM MM 2021-2022
査読者(学術雑誌) ACM TIST, ACM TOMM, IEEE Access, IEEE TMM, IEEJ TEEE, SN Computer Science, Springer IJCV, Springer MMSJ
実行委員 ACCV 2020 (Publication Chair), ACM ICMR 2022 (Web/Social Media Chair), MIRU 2022 (Young Researcher Program Co-Organizer), MUWS@The Web Conf 2022 (Workshop Co-Organizer)
査読者(国際会議) ACM ICMI 2021-2022, ACM ICMR 2021-2022, ACM MM 2020-2021, ACM MM 2021 (Reproducibility Track), ACM MMAsia 2021-2022, CVPR 2022, ECCV 2022, IEEE ICCV 2021, IEEE ICME 2022, IEEE ISCAS 2022, IEEE MIPR 2021-2022, IEEE VCIP 2021-2022, IJCAI 2021-2024, MIRU 2022, SoICT 2022

学会・協会

学会 ステータス

ACM: Association for Computing Machinery

  • ACM SIGMM: ACM Special Interest Group on Multimedia
正会員

IEEE: Institute of Electrical and Electronics Engineers

  • IEEE CS: IEEE Computer Society
正会員

IPSJ: 情報処理学会

正会員

UEA: 世界エスペラント協会

正会員

JEI: 日本エスペラント協会

正会員

TEJO: 全世界エスペランティスト青年機構

正会員

資金・奨学金

カテゴリ 詳細
奨学金

国費外国人留学生奨学金(文部科学省)2016年4月〜2020年3月

賞など

カテゴリ 詳細
論文賞 MVE2020.03
優秀査読者賞 CVPR 2022, ICMR 2022

職歴(学生・TA/RA)

役職 場所 テーマ 年月
研究アシスタント

名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム 実世界データ循環学

ウェブサイトの英文校正・英文校閲・翻訳に関する業務刊行物(ニュースレター等)の英文校正・英文校閲・翻訳に関する業務 2017-04 ~ 2020-03
研究アシスタント

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)Prof. Rüdiger Kapitza, Arthur Martens

研究テーマ: Software system development for non-volatile RAM 2014-10 ~ 2016-02
研究アシスタント

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)Prof. Marcus Magnor, Dr. Pablo Bauszat

研究テーマ: Interactive Ray Tracing 2012-07 ~ 2013-08
研究アシスタント

ブラウンシュヴァイク工科大学(ドイツ)Prof. Marcus Magnor, Dr. Kai Berger

研究テーマ: Real time gas flow detection with Kinect cameras 2012-04 ~ 2012-07

言語能力

言語 備考 レベル
ドイツ語 母国語 -
英語 ネイティブレベル CEFR C2
日本語 ビジネスレベル CEFR C1 / JLPT N1
エスペラント語 中級 CEFR B2
フランス語 初級 CEFR A1-A2
© 2013-2022 Marc A. Kastner. Powered by KirbyCMS. Some rights reserved. Privacy policy.