カストナー・マーク

博士(情報学)



心像性に基づく画像キャプショニングの検討

研究業績へ戻る

梅村和紀,カストナーマークアウレル,井手一郎,川西康友,平山高嗣,道満恵介,出口大輔,村瀬洋

概要:
様々な場面や用途に応じた画像キャプショニングを目指し,文の心像性に基づく画像キャプショニング手 法を提案する.まず,既存の画像キャプションデータセットを拡張して,様々な抽象度のキャプションをもつ画像キャ プションデータセットを構築する.そして,そのデータセット中のキャプションに対して心像性を算出することで, 心像性スコア付きキャプションデータセットを構築する.それを用いてキャプショニングモデルを学習し,指定した 心像性をもつ画像キャプションを生成する枠組みを構築する.評価実験では,画像キャプションデータセットの拡張 の有効性と提案手法による画像キャプショニング実現の可能性を確認した.
種別: Talk at Meeting of the Technical Committee on Media Experience and Virtual Environment, MVE (メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会), Awarded with MVE Award (MVE賞受賞)
年月日: March 2020
Powered by Hugo. © 2013-2021 Marc A. Kastner. Some rights reserved.
Privacy Policy